カードローン会社選びでは利息の高低に注目

数あるカードローン会社から、どの会社に申し込もうか迷うことは多いと思います。会社選びのポイントとして、利率の高低で決めるというのも大切な要素の一つです。

利率の数字だけでみると大した差を感じないかもしれませんが、返済期間が長引くとこの数字の差が大きな額になってきます。

銀行系のカードローンの方が利率が低く、最大利率で12パーセントから14パーセントが一般的ですが、その分審査が厳しいです。

消費者金融は足並みを揃えて最大利率を18パーセントにしており、審査も銀行系に比べると甘いです。

プロミスに関してのみは、最大利率を17.8パーセントに設定しています。

利率だけがカードローン選びの要素ではありませんが、大きな要素にはなります。

キャッシング利用は返済方式と計画を照らしあわせる

キャッシング利用のコツは借入ばかりに頭を働かせずに、いかに負担少なく返済するかに意識を向かせた方が安全かつ有効利用が可能です。

返済方式は色々ありますが、基本的には一括返済が最も安全で、利息負担も無いですから、借り入れを行ってもすぐに返済出来る見通しがある場合は一括が有効と言えます。

分割返済やリボ返済も計画があれば有効で、こうした細かく返済していく時は、返済方式と完済の計画を照らしあわせる事が望ましいです。

分割返済は分割回数が増える程利息負担が大きくなり、リボ返済は月々定額払いですが借金が減り難いと言えます。

両者の傾向を確認しながら計画に沿えるなら、どちらの返済方式を選んでも良いですし、逆に言えば計画も無い状態ではどんな返済方式にもリスクがあるので、注意して利用しましょう。

複数にキャッシングの申し込みをすると審査に通りにくくなるのか

「キャッシングを連続して申し込むと審査が通りにくくなる」とネットではよく書き込まれていますが、実際にそうなのでしょうか。

消費者金融や銀行、信販会社、クレジットカード会社などの金融機関は審査の方法や基準は公開しておりません。しかも、審査基準はそれぞれの金融機関で違いがあり、キャッシングを連続して申し込むからと言って審査に通りにくくなるかと言ったら実際のところわかりません。

しかし、キャッシングを申し込みをするだけで、個人の記録として信用情報に記入されます。信用情報とは、キャッシングやクレジットカード、ローンなどの利用記録のことで、これを金融機関は審査の判断材料として利用します。この信用情報を見れば、「他社からどれくらいの借入残高があるか」や「過去に延滞したことがある、ない」などがわかります。

この信用情報に申込みの記録が残っていたとして審査に通りにくくなるのかというと「そんなことはありません。」信用情報に申込み記録が残っていたとしても審査にはほとんど影響しません。しかし、7社や8社も1ヶ月以内にキャッシングの申し込みをしていると少し対応が変わってくるかもしれません。貸す側としては「なぜこんなに複数にキャッシングの申し込みをしているのだ」と疑われてしまい、なにかあるのではないかと思われてしまうからです。だからと言って、信用情報になにもなければ審査は通りますし、キズがついていれば審査に通らないこともあります。

申し込む前にしっかり確認!主婦がカードローンの審査に落ちてしまう理由は?

最近では主婦も利用する事が出来るカードローンが増えてきていますが、審査で落ちてしまう事も少なくありません。そこで主婦がカードローンの審査に落ちてしまうのはどのような理由があるのか確認していきましょう。

カードローンに申し込みをする時に他社からの借り入れが4件以上だと審査に落ちてしまいます。それで3件以下なら審査に可決される事が多いですが、主婦の場合は収入が少ないので1件でもあると落ちてしまいます。他社からの借入件数の審査基準が厳しいので注意が必要です。また借入希望額が多いと返済するのは難しいと判断されて審査に落ちてしまう事もあります。主婦がカードローンの審査で可決されるためには借入希望額を少なく申請する事が大切になってきます。

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングの違いは法律による限度額の有無

保証人や担保要らずで手軽にお金を借りる手段として代表的なサービスとして銀行カードローンと消費者金融のキャッシングがあります。カードローンとキャッシングは名称は違ってはいますが、そのサービス内容自体には大きく異なっている点はありません。サービスの提供元が銀行であるか、消費者金融であるかという違いがあるだけです。

しかし、サービス内容自体に大きな違いはないカードローンとキャッシングなのですが、限度額に関しては大きな違いがあります。たとえば、銀行カードローンではお金を借りたい人の年収や信用情報をもとに審査が行われ、その結果次第ではかなり高額のお金を借りることができます。たとえ、その金額が年収を超えるような金額だったとしても審査に通ることさえできれば高額の融資を受けることも可能となっているのです。

それに対して消費者金融のキャッシングでは法律によって限度額が規制されており、自分の年収を超える金額を借りることは絶対にできない仕組みになっています。消費者金融のキャッシングは総量規制対象の貸付で、その限度額は年収の三分の一までという規制があるからです。そのため、消費者金融のキャッシングではその限度額を超えての借金をすることができず、場合によっては自分の借りたいと思っている金額を借りられないケースがあるのです。

大手消費者金融の自動契約機でキャッシングするメリット

大手消費者金融には日本全国に店舗を構えていて、そこに設置されている自動契約機と呼ばれる設備を利用することによって便利に申し込み手続きができるようになっています。自動契約機でキャッシングをするメリットとして考えられることは、急な事情があってすぐにお金が必要なためキャッシングの契約を急いでいる人でも大変素早くお金を借りることができますということがあります。大手消費者金融の自動契約機は多くの場合は土日も営業していますので、審査が終わった後に自動契約機に行ってカードを発行する手続きをすることによって銀行振込ではすぐに入金しない銀行営業時間外でもすぐにお金を借りることができます。

平日に素早くお金を借りることができるキャッシングはたくさんありますが、土日や夜でもすぐにお金を借りることができるのはとても大きなメリットです。そのほかに自動契約機を利用するメリットとして考えられるのは、自動契約機を使えば限度額増額の手続きなどができることもあります。自動契約機は誰とも会わずに機械を操作するだけで各種手続きが手軽にできますので、キャッシングを利用するのが初めてで不安な人でも安心して手続きができるというのも大きなメリットとなっています。

主婦でもお金を借りられるなんて

結婚して、子供を妊娠、出産してからは働くことはせず、子育てに専念していました。

毎日の楽しみといったら、かわいい子供に自分好みのフリフリやリボンがついた洋服を着せて、インスタにあげることです。

しかし、旦那の給料だけで生活しているため、毎月そうそう好みの服などを購入できるわけもなく、どうしても欲しい服が我慢できない時などには、私の独身時代の貯金を使ってしまうこともありました。

そんな生活をしていると、気づいたらその貯金もなくなってしまい、どうしようか悩んでいた時にキャッシングのことをネットで知ったのです。

働いていない主婦だから、お金を借りることは無理だろう、そう思っていたのに、主婦でもキャッシングが利用でき、スマホから申し込めるとのことだったので、すぐに申込みをしました。

驚くほど、手続きも簡単で、便利だったので友達にも勧めています。

キャッシングの上手な使い方

たまたま通りかかった店等で以前から欲しかった物が見つかって喜んだのもつかの間、手元に現金が無いという事もあると思います。そういう時にはキャッシングの利用はとても助かります。まず契約する必要がありますが、会社によってはその日のうちに契約が完了して利用できる所もあります。

キャッシングを利用する上でやはり返済する金利が気になる所だと思います。基本的には金額や返済期間が長いほど金利が高くなりますが、逆に言うと短い期間であれば低い金利支払いで済むという事になります。また、金額や期間に制限はあるものの無利息でキャッシングを利用できるサービスを提供している会社もあるので上手く使えば返済が一切負担にならないので利用してみるのもいいと思います。

キャッシングの返済の仕方を理解しておく

キャッシングは、消費者金融会社が提供している融資サービスの一つであり、個人に対して融資を実施しています。
キャッシングのユーザーは、限度額までお金を借りる事ができ、その用途は基本的に制限されていない為、買い物の支払いや公共料金の支払いなど給料日までに日にちがある時の立て替えに利用するといった使い方が出来ます。
キャッシングで融資を受けますと、返済をしなければいけませんが、これは、消費者金融会社によって期日が異なります。

また、元金に利息・手数料を加えた金額が返済額となりますので、利息や手数料を比較して、ユーザーが利用しやすい消費者金融会社を選択する事が大切です。
キャッシングで借りたお金の返済の仕方は、多くの消費者金融会社では提携しているATMを使うか、無人店舗に設置されているATMを使って返済をする事になります。
融資を受けたお金の金額によって、一括返済や分割返済が出来る場合もありますので、利用者は無理せずに計画的に使っていくようにしていく事が出来ます。
コンビニに設置されているATMでも消費者金融会社が提携していますと使えます。その場合には、利用者の利便性も向上しますので、融資や返済がしやすくなり、キャッシングを利用しやすくなります。

大手消費者金融でお金を借りる時に心掛けておきたい3点

駅前や国道沿いを通りかかるとプロミスなど大手消費者金融の自動契約機を見かける事も多いでしょう。金欠の状態になっている時は自動契約機に入室してキャッシングカードを発行してもらう事が出来ます。即日融資に対応しているのですぐお金を借りる事が出来ますが、心掛けておきたい点があるのでしっかり確認していきましょう。

・多額の借り入れをしない

大手消費者金融は上限金利が18%に設定されているので借り入れした時に加算される利息も多くなってしまいます。特に多額の借り入れをすると返済が困難になる可能性もあるので注意が必要です。大手消費者金融でお金を借りる時は少額だけにするようにしましょう。

・返済期日までにしっかり返済する

大手消費者金融でお金を借りると返済期日までに返済しなければいけません。返済期日は業者によって異なりますが、返済するのを忘れてしまうと延滞の履歴が信用情報に残ってしまいます。それで住宅ローンなどを組む時の審査で影響してきてしまうので大手消費者金融でお金を借りたら返済期日までにしっかり返済するようにしましょう。

・借入総額を常に把握しておく

大手消費者金融はATMなどで手軽にお金を借りる事が出来ますが、借入総額を常に把握しておくと借り過ぎないようにする事が出来ます。