総量規制対象外かつ収入証明書類不要で契約できるカードローン

2010年に貸金業法が改正されてから、消費者金融などの貸金業法に則ってサービスを提供している金融機関のカードローンからは年収の3分の1を超える借り入れが不可となりました。これはキャッシングの利用者を保護する目的で制定されたルールであり、このルールができたことによりパートやアルバイトの人が消費者金融から借りることのできる金額が極端に少なくなってしまいました。

しかしこの総量規制のルールは全てのカードローンに当てはまるわけではなく、銀行法に則ってサービスを提供している銀行のカードローンであれば総量規制対象外となるので、年収の3分の1を超える借り入れは可能となっています。

しかし銀行のカードローンの場合、契約の際に収入証明書類が求められることが多く、契約申し込みがやや面倒だといえます。しかし例えば新生銀行のカードローンサービス会社であるレイクであれば、利用限度額が100万円までの申し込みであれば収入証明書類の提出は不要となっています。

レイクのカードローンのようなサービスであれば収入証明書類不要で尚且つ総量規制対象外のカードローンなので、非常に使い勝手が良いといえるでしょう。

キャッシングの借り換えを考えるタイミング

すでにキャッシング枠を用意している方でも、新たにキャッシング契約を申し込むことは可能です。いわゆるキャッシングの借り換えですが、成功したと思わせる結果にするには正しいタイミングで借り換えしなくてはなりません。では、その正しいタイミングとはいつでしょうか。

まず、今の限度額で満足しているかがポイントです。普段の使い方ではある程度の限度額があれば問題ありませんが、多額の金額を借入したい場合他社のキャッシングも視野に入れるでしょう。単純に限度額が足りないという事態も考えられますし、金利が高ければその分費用も高くなってしまいます。キャッシングによって金利も多少の違いがあるので、より低いキャッシングを見つけたら借り換えるのも良いでしょう。

あるいは、消費者金融系と銀行系のキャッシングを借り換えるのも一つの手です。基本的に、銀行系のキャッシングの方が消費者金融系と比べて審査が難しいと言われています。そのため、過去銀行系の審査に申し込んで落ちてしまった方もいるでしょう。しかし、今の状態なら審査も通るかもしれません。過去と状況が違っているのなら、試してみる価値はあるでしょう。

また、消費者金融系の豊富なサービスに惹かれている方は、そちらに申し込んでみるのも良いでしょう。どちらにせよ、今借入しているキャッシングと比べて自分に合っているキャッシングがあれば、それはキャッシングの借り換えを考えるタイミングとなるのです。

24時間、いつでも申し込めるキャッシング

キャッシングを申し込む契機になった理由として多いのが「手続きがしやすい」ことです。

仕事をしていたり、家事に追われていたりと、時間に余裕がない状況だとどうしてもキャッシングの申し込みが面倒と感じられてしまいます。

ちょっとした時間に、申し込みが簡単に行えるかどうかが利便性を左右します。その点、最近のキャッシング会社は24時間・いつでもどこでも申し込みができることをアピールしていることが多いようです。

特にネットを使った申し込みの数が増えていて、仕事の昼休みの空き時間であったり、家事が一段落した後の時間などにスマホなどを使って申し込むことができます。

もちろん審査は発生しますが、お給料をしっかり貰っていたり、主婦の方であっても旦那さんの給料が確かにあることが分かれば、審査は通りやすくなります。

その点で、主婦の方は旦那さんの源泉徴収票などを提出する必要があるので、給与所得をもらっている人に比べると少し時間がかかる傾向はあるものの、手続きは簡略化されているため、それほどストレスはかかりません。

返済もリボ払いが基本ですから、毎月の返済で苦しむこともありませんし、自分のペースで借りることができます。申し込みも、利用もどちらもストレスフリーな状態で使えるわけです。

キャッシングの審査の基準

気軽に借りれる代表格なのはやっぱりココ
アコムで即日振込みで借りたい

キャッシングの審査は、同じ収入があっても、ある人にとっては非常にハードルが高くある人にとっては簡単に審査に通る事があり、それにはある事が関係しています。今回はキャッシングの審査の基準で重要視される基準の一つ「職業」についてご紹介します。

無職の私がキャッシングをしようと思った時の月収は手取りで20万円以上で定期預金は2~300万程度ありましたが、数社に申し込んでもことごとく拒否されてしまいました。しかし、工場の派遣社員の友人は手取り12万円で貯金0でもキャッシングをする事ができました。

この違いは何だと思いますか?

それは、「会社に勤めているか勤めていないか」です。

キャッシングの審査を行う金融機関は、機械的な方法で融資ができるかを審査しており、会社に勤めていて少なくても良いのである程度の安定した収入を得ている事をとても重要視しています。そのため、会社に勤めていない場合いくら収入が多くても、その事を証明できる書類が無いとお金を借りる事はできません。

無職の人やフリーランスで自分の収入が証明できるきちんとした書類が無いと審査には通らなくなります。そういった人がお金を借りたい場合はアルバイトでも良いので働く事が近道です。

初めてのキャッシング利用なら

キャッシングなんてしたことがないけれど、お給料日前の急な出費でちょっと手持ちが足りなくなった時に、レイクのキャッシングが便利です。

その一番の理由は、初回限定の無利息期間が一番長いからです。キャッシングをするからには、銀行のローンであろうと、消費者金融であろうと、必ず利息がかかりますよね。銀行のカードローンでは、短期間の借り入れでも、初めての借り入れでも、きっちりと利息を取られます。また、消費者金融では初回減手で無利子期間を設定していることが多いですが、多くは30日程度の無利子期間です。

ところがレイクは、初回限定で、キャッシングの利用額に関わらず30日間無利息、5万円以内のキャッシングなら180日間も無利息になります。また、借り入れも返済も、レイクのATMまたはコンビニ各社のATMで手数料無料でできるため、借り入れた金額を返す以外の余計なお金は一切かかりません。借り入れるだけでも気が重いのに、借りたお金以外に利息や手数料がかかるとなると、誰かに頼みこんで借りることも考えますが、余計な出費が一切かからないなら、誰にも知られず借り入れできるレイクを利用した方が便利です。

また、借り入れる手続きもとても簡単なのも、レイクの魅力です。インターネットからの申し込みは24時間受け付け可能で、その場でスピート審査されてメールで結果が返ってきます。運転免許証などの本人確認書類はメールまたはFAXで送信可能なので、店舗に行く必要はありません。平日14時までに手続きが完了すれば、その日のうちに指定口座にお金が振り込まれ、借り入れが完了します。

初めてのキャッシングは、少し敷居が高く感じることもあるかもしれませんが、初めてだからこそ、無利息期間が長くて手続き簡単なレイクのキャッシングがお勧めです。

キャッシングの審査って速い!

キャッシングの申し込みをしてきました。

最近はインターネットからもできるみたいだけど、やはり不安もあってお店で申し込みをしました。
あっさりと蒸しこみを書き終えると審査がこれからあるとのことで待ってくださいと言われました。

ドキドキした気持ちを隠しつつなんとなくスマホいじってたら「終わりました。すぐに契約できます」といわれました。
えっ!まだ30分も経ってないような気がしますけど…という感じでキャッシングの審査は終わってしました。

私のドキドキした気持ちを返してほしいくらいアッサリでした。

よくキャッシングのCMとかで即日融資可能とあるけど、本当にその日のうちにお金を借りることができました。
借りたからにはちゃんと返さないといけないけど、アッサリ借りれるのでびっくりでした。

会社によって微妙に変わるキャッシングの金利

多くのキャッシング会社の金利は、年18%というのがスタンダードです。それが最近は銀行系のカードローン・キャッシングも増えてきており、今までの18%よりも低い金利でお金を借りられるケースが増えてきました。

特に大口でのキャッシングになると一ケタ台の金利ということも珍しくありません。もし、お金をたくさん借りたり、返済を長期スパンで行おうと考えている方がいるのであれば、金利の数値は気にする必要があります。

たった1%でも、年間にすると数千円単位で変わってくることもよくありますし、もちろん18%の方が審査に通りやすかったり、利便性が良かったりするメリットも存在しますが、とにかく安く使いたい!というニーズには金利の安いキャッシング会社を利用すると良いでしょう。

収入がしっかりとあり、勤続年数がある程度あるという方は、審査に通りやすい傾向がありますから、もしキャッシングを利用するときにこうした条件が揃っていれば、金利の安い会社に申し込むようにするとお得にキャッシングを使える可能性が高まります。

必ず必要になる本人確認

キャッシングを利用したいと思った時に、どうすればいいのか分からないということはありませんか?

どうやって契約すればいいのか?必要な書類は何?と疑問に思うことばかりだと思います。

しかし心配することはありません。

契約は店頭窓口で自動契約機で、スマホやパソコンからインターネットですることができます。

そして契約時に必要になる書類ですが、必ず必要になる書類があります。

その書類は本人確認書類です。

どこのキャッシングを利用する時にも氏名、住所がのっている書類が必ず必要になります。

では本人確認書類は何を用意すればいいの?と思いますよね。

簡単です。運転免許書でいいんです。

運転免許書がない場合にはパスポート、健康保険証でも可能です。

現住所と記載されている住所が違う場合は税の領収書、請求書や住民票、公共料金の領収書、請求書が別途必要です。

50万円以下の借入の場合はこの本人確認書類の提出だけでいいことが多いので、キャッシングを利用する時には本人確認書類が必要とだけ覚えておきましょう。

消費者金融が利用者に求めている信頼性

消費者金融のキャッシングサービスサービスは、サラリーマン金融から発達したものであり、個人の社会的な信用を担保にして現金融資を受けるという特徴を持っています。

ただ、サラリーマン金融と呼ばれていた時代とは違い、現在の消費者金融のキャッシングはサラリーマンだけが借りるものではなくなっています。

簡単にいうと、安定した収入を得ているという条件をクリアしていれば、職業に関係なくキャッシングを利用することができるのです。

安定した収入の基準は業者によって違いますが、正社員であることを貸し出しの条件にしている大手消費者金融は存在しません。

つまり、定期的に収入が入ってくる方であれば、アルバイト社員でも大手消費者金融でキャッシングを利用できます。

では、主婦や学生はどうなのかというと、パートやアルバイトで定収入さえ得ていれば、同様にキャッシングを利用可能です。

このように、消費者全体に間口を広めているのが現代の消費者金融の特徴となっています。

ただ、正社員であれ学生や主婦であれ、申し込み時の審査を通過できなければキャッシングを利用することはできません。

審査では安定した収入のほかに、他の金融機関での借入状況や、過去に組んでいたローンの支払い状況などをチェックされます。

もし、過去にローンの不払いをした経歴があったり、現在複数の金融機関から借入を行っていると、審査を通過できない可能性もあります。

消費者金融のキャッシングを利用するには、身分や収入に加えて、確かに信頼してお金を貸せる人物だと認められる必要があるのです。

主婦でもキャッシング出来る業者はどこでしょう?

働いている人じゃないとキャッシングは出来ない。

そうお考えの方がほとんどでしょうが、
主婦の場合はキャッシングすることが可能です。

主婦だって突然お金が必要になるときはありますよね?
そのような時にはキャッシングがとても強い味方になるのです。

では実際に主婦でもキャッシングが可能な業者を紹介しますと、
大手のプロミスです。

配偶者に一定の収入があれば、問題なくお申し込みが可能です。
借り入れ限度枠は特に当初は低くなりがちですが、しっかり返済しているうちに限度額も上がるでしょう。

続いて、女性に優しいサービスがあるという点ではプロミスに加えてレイクも良いでしょう。

レディースレイクというサービスで、女性が電話応対をしてくれますので非常に安心感があります。

ネットでも女性専用の申し込みフォームがありますし、もちろんお電話でも対応してくれます。

もちろんこちらも主婦によるキャッシング申し込みが可能です。

その他にも多くの業者では主婦でもキャッシング申し込みが出来るものの、
全体的には限度枠が低くなる傾向があります。

また、一部の業者では専業主婦は申し込みが出来ないという場合が多いことから、
どちらかと言うと主婦でもパートなどで一定の収入があるほうが借り入れはしやすい環境です。