計画的に!本当に怖いキャッシング&カードローン

初めて利用する事になったのは就職したてでお給料も少ない時期でした。お付き合いで外出する事が増え、急な出費が重なってしまう事が多くなり使ってみようと思いました。カードローンやキャッシングは初めてで抵抗がありましたが、1つ持っていれば困った時に助かるなと思いカードを作ってみました。実際作ると書類審査と電話で簡単に作れました。

親にも頼らずいつでもどこでもすぐに引き出せることは非常に助かりました。急な時でも頼れり存在になりました。しかし思った以上に使いすぎてしまうのでよくないないなと思いました。実際、自分のお給料と生活に見合ないそれ以上のお金を借りてしまい返済にとても苦労してしまった経験があります。また次のカード次のカードというようにどんどんカードを作ってしまって、お金を借りている感覚が減り、自分の預金口座の様な感覚になってどんどん借金が増えていきました。気づいたら膨大な金額になっていました。

当たり前ですがまずは自分の身の程を知る事だと思います。私はこれができていればカードローンやキャッシングにお世話になる事はなかったと思います。そして計画的借りる事だと思います。一歩間違えば生活が変わってしまいます。

無利息のキャッシングがお得になる

なるべく金利の負担を少なくして、キャッシングやカードローンが利用したいと考える方が多いでしょう。そんな時に選ぶべきサービスとしては、一定期間に限り金利0円で利用できる消費者金融や銀行を利用するということです。このようなサービスを無利息と呼びますが、無利息カードローンを利用して少しでもお得にキャッシングが利用できるように工夫してみましょう。無利息論が利用できる消費者金融は非常に多くありますが、業者によって様々なパターンがあります。

初回の利用に限り、30日間以内の利用の場合は無利息で利用できるサービスや、1週間以内なら何度でも無利息で利用できるサービスなど、様々なタイプがあります。どちらが良いのかは普段の自分の使い方を考えた上で、どれがベストなサービスなのか判断するようにしましょう。無利息の期間内に返済することができると、利息を全く払う必要がないので、損をすることもないと言うことです。銀行から自分のお金を引き出す際にも手数料等が必要になる場合がありますが、それを考えても無利息ローンは非常にメリットがある方法だと言えるのではないでしょうか。利息は計算すると少なく感じる場合もありますが、年間で考えると結構な金額になるので、このようなサービスは役立つのではないでしょうか。

消費者金融の申し込みで総量規制に接触する2つの原因

大手の消費者金融は審査が即日回答なので申し込んだ日にお金を借りる事が出来ます。申込方法も店頭窓口、自動契約機、Web完結申込と多彩な方法があるのですごく便利です。最近では利用者も増えてきていて金欠の状態になった時は本当に助かる存在です。しかし大手の消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。また総量規制に接触していると審査が否決されてしまうのでお金を借りる事が出来ません。そこで総量規制に接触する原因を挙げていく事にしましょう。

・他社からの借り入れをしている

消費者金融に申し込みをする時は借入希望額だけではなく他社からの借入金額を含めて年収の3分の1以下の借り入れが出来ます。他社からの借り入れがあって借入希望額も普通に申告してしまうと総量規制に接触してしまう可能性が高くなります。他社からの借り入れをしている人は注意しましょう。

・年収が少ないのに借入希望額を多く申告している

消費者金融に申し込みをする時借入希望額を申告しますが、年収の事をあまり気にしないで多めに申告してしまう人がいます。年収の3分の1以上になってしまうと総量規制に接触してしまうので審査が否決されてしまいます。借入希望額の申告は年収の3分の1以下になるように申告する必要があります。

借金返済時の過払いを防止するおまとめローン

おまとめローンを上手に活用することにより、利息の過払いを抑制することのできる可能性が高くなるのではないかと推測されています。複数のローンに契約して融資を受けている人は、過剰に利息を返済時に付加して支払っている場合が多いとみられており、おまとめローンで上手に過払いを抑止することが大事であるとされています。最近ではおまとめローンのこうした利点が多くの人たちから認知されてきており、融資を受ける場所が複数に跨がっている人がおまとめローンで過払いを軽減しているのではないかと考えられています。

効果的におまとめローンの仕組みを活用することにより、過払い金を大幅に縮小できる可能性もあるのではないかと推測されています。そのため、借金を複数の金融機関などからしている人は、おまとめローンで返済を一括化して利息などの過払い金の縮小を図ることが望ましいのではないかと思います。おまとめローンが様々な方面で契約の推奨されるものとなりつつありますが、このような利点が存在していることが大きく関与しています。そのため、複数のところからの融資を受けている人たちに対しては、これからも積極的過払いの抑止を目的におまとめローンが勧められるでしょう。

キャッシングとカードローンというのは

キャッシングとローンはよく似ていますから混同されて使ってしまう人もいますが、本当は別物になります。キャッシングとローンの違いとしては、キャッシングは借入金を翌月の返済期日に一回で返します。ローンは借りたお金を数回に分割して相手に返していきます。給料日までのその場しのぎなどにキャッシングを使うことが多いです。

キャッシングを行って三ヶ月支払いが滞ると、裁判手続きを取らざるを得なくなってきます。まずは返済をしなくても、電話で連絡が来るだけなので、ついつい無視をして返済を先延ばしにしてしまう人がいます。しかし、裁判といった言葉が書面に書かれていると、恐ろしくて無視はできないでしょう。

キャッシングは生活費が十分に無い時に利用できます。わずかなお金だけを借りて、生活費にあてることもできてしまいます。お金が手に入ってから返済すればいいため、容易に使える方法でもあります。もしお金が足りなくなったら借金するという方法も検討するべきでしょう。

キャッシングをする時の流れについて

お金がない時に、家族や友人に借りるという方もいますが、周囲の状況によっては自力での工面をしなければならない事もあります。その時に、お世話になるのが金融機関からの借り入れです。しかし、初めての方が借り入れをするとなるとどのような流れでお金を借りる事が出来るのかわからない事が多いです。その為、事前にお金を借りるまでの流れを知っておくことはとても大切です。

キャッシングをするとなれば、まずは借り入れをする金融機関があります。銀行だったり、消費者金融、クレジットカード会社など借り入れできる企業は様々です。その為、1度金利や返済期限などを調べて、比較することが重要です。比較をすることによって後々になっての公開することを防ぐことが出来ます。比較をしたら実際に借り入れの申し込みをします。近年では、インターネットで申し込みが出来る金融機関もありますので、すぐにお金を借りたい方にはとても便利です。

申込みをすれば、金融機関にて審査がされますので、待つ必要があります。すぐにでも借り入れしたい方は審査時間が明確になっている金融機関から申し込みをするとスムーズにお金を借りる事が可能です。そして、最後に借り入れに必要な書類を提出すれば、借り入れが出来ますのでしっかりと検討してから申し込む必要があります。

総量規制対象外かつ収入証明書類不要で契約できるカードローン

2010年に貸金業法が改正されてから、消費者金融などの貸金業法に則ってサービスを提供している金融機関のカードローンからは年収の3分の1を超える借り入れが不可となりました。これはキャッシングの利用者を保護する目的で制定されたルールであり、このルールができたことによりパートやアルバイトの人が消費者金融から借りることのできる金額が極端に少なくなってしまいました。

しかしこの総量規制のルールは全てのカードローンに当てはまるわけではなく、銀行法に則ってサービスを提供している銀行のカードローンであれば総量規制対象外となるので、年収の3分の1を超える借り入れは可能となっています。

しかし銀行のカードローンの場合、契約の際に収入証明書類が求められることが多く、契約申し込みがやや面倒だといえます。しかし例えば新生銀行のカードローンサービス会社であるレイクであれば、利用限度額が100万円までの申し込みであれば収入証明書類の提出は不要となっています。

レイクのカードローンのようなサービスであれば収入証明書類不要で尚且つ総量規制対象外のカードローンなので、非常に使い勝手が良いといえるでしょう。

キャッシングの借り換えを考えるタイミング

すでにキャッシング枠を用意している方でも、新たにキャッシング契約を申し込むことは可能です。いわゆるキャッシングの借り換えですが、成功したと思わせる結果にするには正しいタイミングで借り換えしなくてはなりません。では、その正しいタイミングとはいつでしょうか。

まず、今の限度額で満足しているかがポイントです。普段の使い方ではある程度の限度額があれば問題ありませんが、多額の金額を借入したい場合他社のキャッシングも視野に入れるでしょう。単純に限度額が足りないという事態も考えられますし、金利が高ければその分費用も高くなってしまいます。キャッシングによって金利も多少の違いがあるので、より低いキャッシングを見つけたら借り換えるのも良いでしょう。

あるいは、消費者金融系と銀行系のキャッシングを借り換えるのも一つの手です。基本的に、銀行系のキャッシングの方が消費者金融系と比べて審査が難しいと言われています。そのため、過去銀行系の審査に申し込んで落ちてしまった方もいるでしょう。しかし、今の状態なら審査も通るかもしれません。過去と状況が違っているのなら、試してみる価値はあるでしょう。

また、消費者金融系の豊富なサービスに惹かれている方は、そちらに申し込んでみるのも良いでしょう。どちらにせよ、今借入しているキャッシングと比べて自分に合っているキャッシングがあれば、それはキャッシングの借り換えを考えるタイミングとなるのです。

24時間、いつでも申し込めるキャッシング

キャッシングを申し込む契機になった理由として多いのが「手続きがしやすい」ことです。

仕事をしていたり、家事に追われていたりと、時間に余裕がない状況だとどうしてもキャッシングの申し込みが面倒と感じられてしまいます。

ちょっとした時間に、申し込みが簡単に行えるかどうかが利便性を左右します。その点、最近のキャッシング会社は24時間・いつでもどこでも申し込みができることをアピールしていることが多いようです。

特にネットを使った申し込みの数が増えていて、仕事の昼休みの空き時間であったり、家事が一段落した後の時間などにスマホなどを使って申し込むことができます。

もちろん審査は発生しますが、お給料をしっかり貰っていたり、主婦の方であっても旦那さんの給料が確かにあることが分かれば、審査は通りやすくなります。

その点で、主婦の方は旦那さんの源泉徴収票などを提出する必要があるので、給与所得をもらっている人に比べると少し時間がかかる傾向はあるものの、手続きは簡略化されているため、それほどストレスはかかりません。

返済もリボ払いが基本ですから、毎月の返済で苦しむこともありませんし、自分のペースで借りることができます。申し込みも、利用もどちらもストレスフリーな状態で使えるわけです。

キャッシングの審査の基準

気軽に借りれる代表格なのはやっぱりココ
アコムで即日振込みで借りたい

キャッシングの審査は、同じ収入があっても、ある人にとっては非常にハードルが高くある人にとっては簡単に審査に通る事があり、それにはある事が関係しています。今回はキャッシングの審査の基準で重要視される基準の一つ「職業」についてご紹介します。

無職の私がキャッシングをしようと思った時の月収は手取りで20万円以上で定期預金は2~300万程度ありましたが、数社に申し込んでもことごとく拒否されてしまいました。しかし、工場の派遣社員の友人は手取り12万円で貯金0でもキャッシングをする事ができました。

この違いは何だと思いますか?

それは、「会社に勤めているか勤めていないか」です。

キャッシングの審査を行う金融機関は、機械的な方法で融資ができるかを審査しており、会社に勤めていて少なくても良いのである程度の安定した収入を得ている事をとても重要視しています。そのため、会社に勤めていない場合いくら収入が多くても、その事を証明できる書類が無いとお金を借りる事はできません。

無職の人やフリーランスで自分の収入が証明できるきちんとした書類が無いと審査には通らなくなります。そういった人がお金を借りたい場合はアルバイトでも良いので働く事が近道です。