主婦でもキャッシング出来る業者はどこでしょう?

働いている人じゃないとキャッシングは出来ない。

そうお考えの方がほとんどでしょうが、
主婦の場合はキャッシングすることが可能です。

主婦だって突然お金が必要になるときはありますよね?
そのような時にはキャッシングがとても強い味方になるのです。

では実際に主婦でもキャッシングが可能な業者を紹介しますと、
大手のプロミスです。

配偶者に一定の収入があれば、問題なくお申し込みが可能です。
借り入れ限度枠は特に当初は低くなりがちですが、しっかり返済しているうちに限度額も上がるでしょう。

続いて、女性に優しいサービスがあるという点ではプロミスに加えてレイクも良いでしょう。

レディースレイクというサービスで、女性が電話応対をしてくれますので非常に安心感があります。

ネットでも女性専用の申し込みフォームがありますし、もちろんお電話でも対応してくれます。

もちろんこちらも主婦によるキャッシング申し込みが可能です。

その他にも多くの業者では主婦でもキャッシング申し込みが出来るものの、
全体的には限度枠が低くなる傾向があります。

また、一部の業者では専業主婦は申し込みが出来ないという場合が多いことから、
どちらかと言うと主婦でもパートなどで一定の収入があるほうが借り入れはしやすい環境です。

お金を返す見込みはある?

キャッシングを利用することでお金の問題を解決することができたという人も多いのではないでしょうか?

キャッシングは以前とは比べものにならないぐらいスピーディにお金を用意することができるようになっているので利用を検討している人も年々多くなってきているようです。

ただ、利用にあたっては注意すべきことがいくつかあります。
そのなかでも返済見込みは特に重要です。

業者はあくまでも利用する人の年収をベースに貸し付けの審査を行います。
ところが返済できる見込みの額は人によって違います。

たとえ、収入が多くても出費が多ければ返済可能額は少なくなってしまいます。

なので、いくら借りれるかということよりもいくら返せるかという返済見込み額を基準にお金を借りるようにすることが安全にキャッシングを利用するポイントになります。

銀行キャッシングの難易度

キャッシング業者は消費者金融と言われる業者と銀行や信販系の業者があります。
現在勢いがあるのは消費者金融系の業者かもしれません。

パートやアルバイトでも利用できるというのが、
人気がある理由かもしれませんね。

気軽に借りれるというのが一番の理由かもしれませんが。

一方、銀行キャッシングは、
消費者金融に比べると審査のハードルは高めになります。

ただ、貸し出し金利が安かったり融資の限度額が大きく条件的に有利なのは確かです。

また、総量規制の対象外なので収入に対して
厳密な貸し出し基準が定められているわけではありません。

比較的貸し出しの自由度は高いと言えるかもしれません。

気軽に借りることができる消費者金融系に対して
審査のハードルは高いものの金利が安く条件のいい銀行系キャッシングといった感じです。

気軽に借りれる代表格なのはやっぱりココ
プロミス店舗を検索してみる

 

ネットキャッシングを活用する

急いで現金が必要な場合、
なるべく誰にも知られることなく借りるには
インターネットを活用する方法がいいかもしれません。

大手の消費者金融などでは、
お金を借りる方法がいくつか用意されていますが、
最近ではインターネットによる申し込みが人気を集めているようです。

いわゆるネットキャッシングは、
自宅のパソコンや携帯、スマホ、タブレットなど
インターネットに接続できるものならなんでも申し込みをすることができます。

ネットキャッシングの最大の利点は、
いつでもどこからでも申し込みできる点にあります。

銀行の営業時間内であれば、
審査に通ったあとに振り込みで融資を受けることもできます。

もし、時間外になってしまっても自動契約機まで出向けば、
その場でカード発行してもらうことができるので現金をすぐに引き出すことができます。

旅先でのキャッシング

ゴールデンウイークなどの大型連休は何かと出費がかさんでしまうものですよね。
旅先で財布の中が心もとないのは旅行を楽しめないので避けたいところです。

でも万が一、お金が足りないなんてときどうしたらいいんでしょうか。

一番手っ取り早いのはクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法です。
すでに持っているカードなので審査の必要もないですからすぐに現金を手にすることができます。

ただ、難点は手数料が高いことです。

基本的にはクレジットカードの締日までの間の利息がかかることになります。

利用するタイミングにもよりますが、
概ね30日間前後の手数料が発生してしまいます。

そこで、

オススメなのが消費者金融などのキャッシングです。
キャッシングの場合、利用日数文だけの利息となります。

また大手の消費者金融ならネットから24時間リアルタイムで
取り引きができるところがほとんどです。

つまり旅行先で借りたとしても帰宅してから直ぐに返せば
数日間分の利息ですむのでかなりお得に利用できます。

カードローンの審査にパスするのは年収いくらから?

一部の銀行などでは年収の下限を設定しいるところもあるようですが、
基本的にカードローンの審査において年収による制限はありません。

とは言え、どのくらいなら審査に通りやすいのか気になるところではあります。

実際にパートやアルバイトなどの雇用形態であっても安定していると判断された場合は審査に通るようです。

消費者金融の場合は、
総量規制の対象になるので年収の3分の1までが限度ななります。

さらに対象となっている銀行カードローンでもそれに近い自主規制をしているようです。

なので、融資希望額が少なければ少ないほど審査には通りやすい傾向にあります。

また、他社からの借り入れは、かなり重要なポイントです。

利用者はやはり最初に借りたところを優先して返済する傾向があるそうなので、
年収が低い人で他社借り入れがあると一気に審査に通る確率は落ちてしまいます。

 

同時に申し込みすると?

どうしてもお金を借りたいと思ったとき複数のカードローンに申し込みをする人が結構いるようです。

そういう時の心理としては、数撃ちゃ当たるという感じなのかもしれませんが、
実は逆効果になることが多いんです。

キャッシング業者などが申し込みの審査を行う場合、指定情報機関に照会することになります。
この問い合わせをしたという情報も記録されていきます。

業者からすると一時期にまとまって申し込みの情報があると
資金的に相当困っているのではないかと疑いを持つことになりかねません。

実際に多数の記録が残っているだけで審査すらしないという業者もあるようです。

だとすると1社だけ申し込みをすればいいのかというと、
そうでもないんです。

1社だけ申し込みをした場合、
もし審査に落ちてしまうと他の業者でも審査に通りにくくなってしまいます。

審査では業者によって重要視しているポイントが違うので、
A社では良くてもB社ではダメというようなことがおきてしまいます。

でも、他社が審査落ちにすると何か理由があるのではないかと審査に慎重になることがあるようです。

なので、申し込みをするときは、良さそうな業者を2~3社申し込みをするのがよさそうです。