銀行カードローンと消費者金融のキャッシングの違いは法律による限度額の有無

保証人や担保要らずで手軽にお金を借りる手段として代表的なサービスとして銀行カードローンと消費者金融のキャッシングがあります。カードローンとキャッシングは名称は違ってはいますが、そのサービス内容自体には大きく異なっている点はありません。サービスの提供元が銀行であるか、消費者金融であるかという違いがあるだけです。

しかし、サービス内容自体に大きな違いはないカードローンとキャッシングなのですが、限度額に関しては大きな違いがあります。たとえば、銀行カードローンではお金を借りたい人の年収や信用情報をもとに審査が行われ、その結果次第ではかなり高額のお金を借りることができます。たとえ、その金額が年収を超えるような金額だったとしても審査に通ることさえできれば高額の融資を受けることも可能となっているのです。

それに対して消費者金融のキャッシングでは法律によって限度額が規制されており、自分の年収を超える金額を借りることは絶対にできない仕組みになっています。消費者金融のキャッシングは総量規制対象の貸付で、その限度額は年収の三分の一までという規制があるからです。そのため、消費者金融のキャッシングではその限度額を超えての借金をすることができず、場合によっては自分の借りたいと思っている金額を借りられないケースがあるのです。