銀行系と消費者金融系のカードローンの違いは

カードローンと呼ばれているサービスには大きく分けて銀行系のものと消費者金融系のものはあります。カードローンのサービス内容自体は銀行系、消費者金融系のどちらも基本的に大きな違いはありません。どちらの系統のカードローンでも比較的簡単にお金を借りることが可能になっています。

ただし、銀行系のものと消費者金融系のものとでは金利の面で若干の違いがあります。銀行系のカードローンの場合、消費者金融系のものよりも金利が低く設定されており、返済時の利息の負担が少なくて済むという特徴があります。ただし、消費者金融系のカードローンではサービスの提供元である業者によっては無利息期間のあるところもあり、お金を借りても期間内に返済を済ませれば利息の支払いがないといったケースもあります。