消費者金融の審査って何?

事情があって、消費者金融でお金を借りたい。でも、審査が通るか不安。そんな方、多いのではないでしょうか? 不安を解消するには、まず情報が必要です。そもそも審査って何を見ているのでしょう?

審査には、属性審査・信用情報審査・書類確認・在籍確認の4つがあります。消費者金融ではこの4つをそれぞれチェックしているんです。では、詳しく見てみましょう。

属性審査の「属性」とは、申込み者自身の情報のことです。年齢・性別・勤務先・収入などのこと。

信用情報審査の「信用情報」とは、ローンやクレジットカードの利用履歴のことです。信用情報を管理する信用情報機関には、過去に金融事故を起こしていないか、支払いは滞りなく行われているか、他社で借り入れている金額など、ローンやクレジットカード、奨学金などに関する情報が保存されています。

書類確認は、申込み者が提出した本人確認書類や、収入証明書と申告した内容に嘘がないかどうか照らし合わせることです。

在籍確認は、勤務先などに「その人が本当に在籍しているか」確かめる作業のことです。

それぞれの審査で、この申込み者に本当に返済能力があるかどうかをチェックしています。この返済能力の有無こそが、審査の目的なのです。